2013年6月

パン屋さんの記念すべき最初のお客様

パン屋さんの記念すべき最初のお客様
■パンナイフといえばパン屋さん

ショップオープンから1年。
なかなか一般のお客様にパンナイフを売るのは至難の業です。
しかもギューデ社は全くといっていいほど知名度がありません。
そこでパン屋さんに営業をかけることにしました。


■ドイツパン研究会に潜入!

ドイツ食品普及協会(http://doitsushoku.com/)の森本さんを通して鳥越製粉で行われるドイツパン研究会にナイフを持って参加しました。


■記念すべき最初に購入してくださったシェフ

懇親会の時、完全アウェイ状態の私に声をかけてくれたのがツオップの伊原シェフでした。
私が持参したギューデのパン切りを試してくださり、なんとその場で注文してくださったのです。
「プロが認めてくれた!」この時の嬉しかった気持ちは今でも忘れません。
最初の出会いから数年経ちますが事あるごとにナイフを紹介してくださるなど伊原シェフにはずっとずっとお世話になりっぱなしです。

×